所蔵作品

tsunoda

 

これはすごい! つのだじろう 原画特集

つのだじろう氏の卓越した作画の技術を原画で実感。
原画を見ることで印刷したものではわからなかった作者の筆圧、味わいや描写の美しさを直に感じることができる。
漫画一話全作品からおなじみのキャラクターやカット図案、スケッチなど漫画以外のアートに携わった足跡をたどります。
漫画の原画には近代に近くなるにつれ一部複写機の力を借りて労力の軽減も伺える。
しかしどれを見ても制作に打ち込んだ作者の情熱が伝わってくる貴重な資料である。

 

つのだじろう

つのだじろう

つのだじろう

  • 1955年 - 『漫画少年』に「新桃太郎」でデビュー。新漫画党に入党し、トキワ荘グループの一員となる。
  • 1958年 - 月刊漫画誌『りぼん』(集英社)に連載された「ルミちゃん教室」が人気を博す。
  • 1961年 - 少年・少女・青年誌などに話題作を発表し続け「第2回講談社漫画賞」を受賞。
  • 1963年 - 石森章太郎、鈴木伸一、藤子不二雄らと共にアニメ製作会社スタジオ・ゼロを設立する。
  • 1971年 - スタジオ・ゼロ解散。
  • 1971年 - 『週刊少年マガジン』(講談社)に掲載された「空手バカ一代」が人気を博し、のちにテレビアニメも製作された。
  • 1973年 - 『週刊少年マガジン』誌上で「うしろの百太郎」、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)誌上で「恐怖新聞」をそれぞれ連載。以後、心霊研究家としても活躍するようになる。

 


作品紹介

  • スーパー万兵衛(1957年、月刊「少年」、光文社)
  • ルミちゃん教室(1958年、りぼん、集英社)
  • ばら色の海(1961年、なかよし、講談社)
  • ブラック団(1964年、週刊少年サンデー、小学館)
  • 俺の太陽(1965年 - 1966年、週刊少年サンデー、小学館)
  • 忍者あわて丸(1965年 - 1968年、週刊少年キング、少年画報社、TVアニメ「ピュンピュン丸」の原作)
  • 怪虫カブトン(1966年、週刊少年サンデー)
  • グリグリ(1967年、週刊少年サンデー、小学館、「怪虫カブトン」の脇役だったグリグリを主人公にした作品)
  • てなもんや一本槍(1968年、週刊少年サンデー、小学館、同名のテレビコメディのコミカライズ版、原作:香川登志緒)
  • 發の罠(1969年、プレイコミック11月10日号、秋田書店)
  • 虹を呼ぶ拳(1969年 - 1971年、冒険王、秋田書店)
  • 空手バカ一代(1971年 - 1973年、週刊少年マガジン、講談社)
  • 泣くな! 十円(1971年 - 1973年、週刊少年チャンピオン、秋田書店)
  • 女たちの詩シリーズ(1971年 - 1973年、プレイコミック、秋田書店)
  • マホメット(1972年1月 - 同年4月、漫画サンデー、小学館、未単行本)
  • うしろの百太郎(1973年 - 1976年、週刊少年マガジン)
  • 亡霊学級(1973年、週刊少年チャンピオン)
  • 恐怖新聞(1973年 - 1976年、週刊少年チャンピオン)
  • メギドの火(1976年、週刊少年サンデー)
  • その他くん(1976年、週刊少年マガジン)
  • グリグリジャイアンツ(1977年、小学一年生)
  • 呪凶介PSI霊査室(1977年、週刊少年キング)
  • ときめきの墓(1977年 - 1978年、週刊明星、集英社)
  • ゴッドハンド(1978年、週刊少年チャンピオン)
  • 魔子(1978年、ビッグコミック、小学館)
  • 5五の龍(1978年 - 1980年、週刊少年キング)
  • 銀座花族(1980年、週刊女性、主婦と生活社、TVドラマ「虹子の冒険」の原作)
  • 真夜中のラヴ・レター(1981年、週刊女性、主婦と生活社)
  • 蓮華伝説(漫画ゴラク)
  • 新うしろの百太郎(週刊少年マガジン、講談社)
  • 学園七不思議(1986年 - 1989年、サスペリア、秋田書店、TVアニメ「ハイスクールミステリー学園七不思議」の原作)
  • 新説百物語(1987年 - 1990年、月刊ハロウィン、朝日ソノラマ)
  • ホラーペンション(1987年、月刊ハロウィン、TVドラマ化)
  • 恐怖新聞II(1990年 - 1993年、サスペリア)
  • うしろの百太郎 平成版
  • 恐怖新聞 平成版
  • うしろの始皇帝(2006年、学習研究社刊)活字本新刊
  • つのだじろうの浮世絵春画ばなし(2007年ソフトバンククリエィテブ刊)活字本新刊

他、短編など多数。